スポンサーリンク

敏感肌のニキビケア

まず、敏感肌なのにニキビができてしまった場合は、皮脂過剰とは関係がありません。なので、皮脂の分泌を抑えると、肌のバランスを乱してしまうこともありますので注意してください。

 

敏感肌の場合の原因は、肌のターンオーバーが乱れたことで、角質が厚くなってしまい、毛穴を塞いでしまっていることです。
(ターンオーバーというのは、新陳代謝のことです)

 

「お肌は28日で周期で生まれ変わる!」なんてフレーズを目にしたことがあるかもしれませんが、28日で肌が生まれ変わるのではないので注意してくださいね。肌の細胞というのは、実は毎日生まれ変わっています。その細胞の寿命が28日だと言われているところから、このフレーズはできたのかもしれませんね。

 

ターンオーバーを乱さないようにするためには、自律神経の働きが大きく関わっているので、日頃の生活習慣が大事です。また、ターンオーバーは、22時から2時までの4時間が最も活発になるといわれているので、この4時間の過ごし方は特に重要となります。

 

具体的には、
・化粧を残したままにしておかないこと
・お酒を飲まないこと
・タバコを吸わないこと
・食事や運動をしないこと
この4つを4時間の間にしないことが、ターンオーバーを乱さないコツとなります。

 

これに加え、角質層に必要な水分を、化粧水などでたっぷりととり、お肌に潤いを与えることが大切です。

敏感肌のニキビケアはこちら