スポンサーリンク

思春期ニキビとは?

思春期にきび

思春期ニキビというのは、未成年の場合のニキビのことです。でき始める年齢は、女性の場合12〜13歳。男性の場合は、13〜14歳が平均とされています。青春のシンボルなんて言われることもあるニキビですが、顔のTゾーンや体の上部にできることが多くなっています。

 

・思春期ニキビはどうしてできるのか?
思春期になると、男性ホルモンの働きが活発になり皮脂腺を成熟させます。その結果、皮脂が大量に作られて毛包内に角化異常が起こり、毛包漏斗分が狭くなります。

 

そうなると、皮脂がうまく排出されずに毛穴が詰まってしまい、毛包内の常駐菌であるアクネ菌が増え、アクネ菌が生み出す物質が炎症を起こしたり、皮膚細胞を破壊したりしてしまいます。これが思春期ニキビの原因となっています。
(皮脂というのは、皮膚の内部にある小さな線・皮脂腺から分泌される脂肪などを含む液体のことです)

 

なんか難しいですよね。簡単に言うと、皮脂が毛穴に詰まることでアクネ菌が増え、アクネ菌が生み出す物質が原因になるということです。

 

アクネ菌というのは誰にでもある常駐菌で、正常な状態であれば肌のバランスをコントロールしたり、肌を正常に保つために必要とされている菌だといわれています。特徴としては、通性嫌気性菌で好脂性、つまり酸素を嫌い皮脂を好むという性質があるので、ニキビを悪化させる原因ではありますが、根本的な原因ではありません。

 

アクネ菌が悪い!と言われているのをよく目にしますが、そこに注目してしまうと、根本的な対処ができないということがわかります。

 

思春期ニキビについて理解を深めるために、あなたが思春期の学生だったときのことを思い出してみてください。

 

額にニキビが集中してできている人が多いですよね?これは、額が特に皮脂分泌が多い場所だからです。

 

それに、思春期の頃のニキビって、一度できるとなかなかなくならず、ずっと同じペースで出てきますよね?中学1年生のときは、たくさんニキビがあったのに、3年生になったら綺麗なお肌になってた!なんて人は少なかったはずです。

 

これは、皮脂の分泌を根本的に抑えることができていないからだといえますよね。

 

このことからも、思春期ニキビというのは、皮脂の分泌を抑えることでアクネ菌の繁殖を防ぎ、毛穴が詰まるのを防ぐことが、根本的な対処法になるといえるのではないでしょうか。

皮脂の分泌を抑える方法

実は、ビタミンCがニキビケアにとって重要なビタミンだといわれています。

 

ビタミンCの効果といったら、何をイメージしますか?

 

私は、美白でした。なんとなく肌にいいというイメージがありますよね。このビタミンCが、ニキビにもいいんです。

 

実際、ニキビに悩む患者さんに、浸透力の高いビタミンCを高濃度で使用したところ、90%以上の患者さんの症状が改善されたそうです。

 

浸透力が高い浸透型ビタミンCは、皮脂の過剰な分泌を抑制してくれるんですね。

 

さらに、活性酸素を除去する働きも高いので、ニキビの炎症を沈静化して、赤みも抑えてくれます。それと同時に、炎症後の色素沈着を防ぐこともできるので、ニキビ跡が残るのを予防する効果も期待できます。

 

活性酸素は、これから説明する大人ニキビにも関わってきますので、大人ニキビにとっても、浸透型ビタミンCって良さそうですね。